「アレグリア2」 2004年10月30日

待ちに待ったアレグリア2を観にいった。
開幕2日目!観客の皆も、なんかそわそわしてた。

見応えありましたあ。
まずトランポリンで度肝を抜かれ、その後、マニピュレーションという新体操チックなダンスにはあっとため息。人間には見えない。体重というか、人間の体の重さを全く感じさせない、妖精のような少女。

クライマックスは、ニューロシアンバーという、細いバー(幅15センチ!!!)の上を跳ねて宙を舞う演目と、やはり空中ブランコでしょう。大車輪でギュンギュン回ったあと、ズバーっと飛び出して、落下、一番低い地点でかろうじてキャッチという、何もそこまでギリギリ頑張らなくてもという感じです。

一番、印象深いのは、ホワイトシンガーという生歌のおばちゃんでしょう。
素晴らしい歌声でした。

Cirque du Soleil素晴らしい。絶対いつか、ラスベガスのOも観に行くぞ。
by vento627 | 2004-10-30 23:59 | エンタメ(演劇、コンサート、ダンス) | Comments(0)

体力と馬力が取り柄の自称筋肉系エンジニア。スキー、ゴルフ、ランニング、フランス語(仏検準1級に挑戦したがただいま休戦)に励む毎日。30年越しの腰椎分離すべり症を2014年に手術とリハビリで克服し、フルマラソン完走、登山復帰まで回復。


by vento627