小布施見にマラソン 祝!完走!

いやあ、良かったです、小布施見にマラソン。初めてのハーフマラソンながら、楽しく参加できました。ボランティアの皆さんや沿道の応援と演奏のお陰で、元気をもらい、癒され、ほっこりし、まさにストレスフリーなマラソン大会でございました。また来年挑戦したいです。

さて、完走証をもらいました。やっほー。仏検の合格通知なみに嬉しくて誇らしいです(笑)。大事にとっておこう。肝心のタイムは、
中間タイム1:25:30
ゴールタイム2:45:55
3時間以内でゴールできれば御の字、という予測だったので、この結果には非常に満足です。
b0039341_152111.jpg

さて、以下は、初のハーフマラソン体験記です。



==============================
2008年7月19日(土)
新幹線で長野入り。ホテルにチェックイン後、友人達と落ち合い、長野鉄道で小布施へ(片道650円)。小布施駅からほど近い栗ガ丘小学校のグランドで受付を済ませ、ゼッケンとTシャツを受け取った。ゼッケンを手にしてちょっと気分高揚。

グランドの青空スポーツショップで、皮膚保護用のムースを購入した。ウェアの袖口が擦れる問題がいまだ解消していなかったので、これに頼ることにする。ところで、この青空ショップ、なかなかいい感じ。客を20km走るランナーに絞り込んであるせいか、品揃えにぶれがなく、ツボにはまる商品の数々。神保町の某スポーツショップよりも、欲しいものが見つかりやすい。あれもこれも欲しくなって危険。

長野鉄道で長野に戻り夕食へ。「ひ魯ひ魯」で和食のコースを食べながら、小布施ワイナリーの白ワインを飲む。食事は3500百円でしっかり旨い。ワインもグー! 大満足。翌日は早いので、いつもよりかなり控えめな酒量で切り上げる。帰りにコンビニに立ち寄り、翌日の朝食のために、おにぎりとみそ汁を購入。ホテルでは、翌朝の荷造りを済ませ、冷蔵庫にスーパーバームを入れ、準備万端。22時就寝。

2008年7月20日(日)
4時半起床。日の出前で外はまだ暗い。身支度をしながらおにぎりを頬張る。5時過ぎにチェックアウトのためにロビーに下りると、いかにもランナーという人だらけ。すごい。

長野鉄道の無料電車に乗り、小布施へ。電車の中で、スーパーバームが冷蔵庫に入れっ放しであることに気付き、少しがっかり。

小布施では、人が溢れていて、仮装の人たちも多く、なんかお祭りの雰囲気。楽しそうだぞ♪ スーパーバームの替わりに、粉バームを水に溶かし、すこしづつ飲みながらストレッチして、スタート時間を待つ。

7:20スタート 人が多いので、しばらくゆっくりペース。
1km、2km、3kmと1キロ毎に距離表示があり、わかりやすく励みになる。また、「縁奏」と呼ばれる沿道の演奏があり、これが、むちゃくちゃいい! 前から音楽が聞こえてくると、「お、次は何だろう」と思い、パフォーマーの皆さんの笑顔と演奏/歌声にこっちも笑顔。ランナーからも走りながらの手拍子や拍手が出る。

給水所もほぼ1キロ毎にあるため、エイド、沿道の応援やハイタッチ、縁奏などが、次々と現れては消えて行くという具合で、あっと言う間に距離が進む。

中盤から、地元の方の私設エイド?みたいなものもあり、冷たいリンゴジュース、小布施ワイナリーの白ワイン、キュウリ味噌など、しっかり頂き、「これはマラソンというよりデパートの試食みたい」と走りながら笑ってしまう。

私の場合、練習では10kmのみだったので、10km以降は未知の世界。ところが、10kmあたりから調子が良くなる。なんか体が軽くなった感じで、走れるぞ、走れるぞ、という具合。しかしこれも、17kmあたりまで。これ以降は、歩いたり走ったり。心肺は全く問題ないが、今まで感じたことがない軽い痛みが股の裏側や膝に出始めるので、あまり無理しないようにした。

ゴールである小布施総合公園に入ったところが一番キツく、公園内を2周するのだが、この1周が「えーーーー」と思うほど長い。ラスト30mは、カメラもあるためきっちり走り(笑)、満面の笑顔でゴール!!!

ボランティアさんに完走バスタオルをかけてもらい、噴水で足を洗い、そして果物食べ放題のコーナーで、スイカをお腹一杯食べた。甘いスイカ、本当に美味しかったです。

小/中/高校時代の体育の通信簿3で運動嫌いだった私が、40歳を超えてこういう機会に自発的に参加するとは、なかなか感慨深いものがあります。小布施の皆さんのお陰で、楽しく、本当に楽しく参加できました。ありがとうございます!!!!
==============================
以下、後日談。
友人がゴールするのを待つ間、腹ぺこな私は、焼きそばを食べ、さらに、スイカのおかわり(汗)。友人と合流後、「あけびの湯」へ移動し温泉に入った。入浴料500円のところランナーは400円。
長野へ戻り、中華屋へ。女3人で大皿料理、しかも味の濃いガッツリ系をがんがん頼み、生ジョッキ片手に、食べる、食べる。その後、新幹線で爆睡。なんか、大学時代を思い出しました(笑)。
by vento627 | 2008-07-20 23:27 | レース/大会 | Comments(0)

体力と馬力が取り柄の自称筋肉系エンジニア。スキー、ゴルフ、ランニング、フランス語(仏検準1級に挑戦したがただいま休戦)に励む毎日。30年越しの腰椎分離すべり症を2014年に手術で克服し、フルマラソン完走まで回復。


by vento627