フランスの、旅行者にとってのインターネット事情

今回の旅行ではラップトップ(Mac)を持ち歩いているので、滞在先でインターネットに繋いでいる。何故かというと、予約(ホテル、鉄道、バスなど)を、旅行しながらやるという、行き当たりばったりな旅行をしているので。今回の旅行の後半はホテルも予約しないまま(行き先も決めないまま)日本を発ってしまったし。シャモニーの山岳ガイドも、パリのホテルからインターネットで調べて手配した。

私が実際に経験したのは、以下の通り。一昔前に比べると、かなり便利になったものだ。また、サービス内容、料金ともに変化が激しいので、そこはご留意くださいませ。

・シェラトン パリ エアポート ホテル シャルル ド ゴール : 24時間繋ぎ放題で12ユーロ(有線)。グレードの高い部屋に泊まると料金に含まれるらしい。空港ターミナルの中にあるので、移動には至便。一緒に写っているのは、私のしょぼい夕食。
b0039341_14174763.jpg

・ラディソン SAS・シャルル・ド・ゴール・エアポート: 有線は無料。Wifi(無線)のみ有料。このホテルはリーゾナブルな値段で、以前から時々利用している。空港のターミナルからシャトルバスに乗って移動しなければならないが、行程にゆとりがあれば問題なし。

・シャモニーのリゾートホテル: 有線/無線にかかわらず無料。ホテルの受付でIDとパスワードを教えてもらう。
b0039341_1427484.jpg

・ホテル・バスティーユ・スペリア: Wifi(無線)有料 Orangeで使用予定時間に応じたパスを買うと、ホテルに限らずパリのHotSpotから接続可能(例 10時間で15ユーロ)
b0039341_14292917.jpg

・CDG空港の出発ロビーにあるHotSpot: 2Fの出発ロビーで何カ所か発見。結構繁盛しており、席が埋まっている。無料。無線LANを選んで、何もIDを入れなくても接続可能。

・CDG空港のAir Franceのラウンジ: 下の階にオフィススペースがあり、パソコン広げて仕事をしている人多い。Orangeが使用できた。
by vento627 | 2008-02-23 23:13 | フランス | Comments(0)

体力と馬力が取り柄の自称筋肉系エンジニア。スキー、ゴルフ、ランニング、フランス語(仏検準1級に挑戦したがただいま休戦)に励む毎日。30年越しの腰椎分離すべり症を2014年に手術で克服し、フルマラソン完走まで回復。


by vento627