DVD2本

フランス語の学習をさぼっている最中、2本DVDを見た。


愛を弾く女
原題『Un Coeur en Hiver』

バイオリン工房の職人Stéphane(Daniel Auteuil)が、まさにUn Coeur en Hiverの持ち主で、こう書くと冷たい人格のように聞こえるが、職人気質の情熱と他者に対する優しさが溢れた、いい感じの男性。ただ、感情を表に出すのが苦手というか、封じ込めてしまい、それを解凍しないでいる。

そんなStéphaneに、Emmanuelle Béart 演じる新進気鋭のバイオリニストCamille が、恋に落ちる。実は、Stéphaneもばっちり恋に落ちているのに、自分の感情に硬く蓋をしてしまい、Camille に応えない。Camille が、それを開けようと必死になる様が痛々しい。

ラストシーンの、両者のちょっとした視線、しぐさがぐっと来ます。


2本目は、

モンドヴィーノ
原題『Mondovino』

これの感想は、また後で。
by vento627 | 2007-05-05 18:01 | エンタメ(演劇、コンサート) | Comments(0)

体力と馬力が取り柄の自称筋肉系エンジニア。スキー、ゴルフ、ランニング、フランス語(仏検準1級に挑戦したがただいま休戦)に励む毎日。30年越しの腰椎分離すべり症を2014年に手術で克服し、フルマラソン完走まで回復。


by vento627