ぼちぼちリハビリ日記 その53(もうすぐ手術後7ヶ月)

1月下旬に手術後6ヶ月の診察に行ってきた。CTを撮り「極めて良い」の診断。
「術前の痛さを10とすると、現在どの程度か」と聞かれ、「ほぼゼロ」と回答。
次回の診察は5月。

ひとつの区切りとして総括。

【できること】
・普段の生活で困ることはない。
・手術創部のつっぱり感は殆ど無い。
・先月(2015年1月)は、ウォーキング92.80km、ジョギング49.498km。特に問題なし。
・千葉マリンマラソン(ハーフマラソン)を悪くないタイムで完走でき、自信がついた。
・多少重いものを持っても、腰に負担を感じない。
・エアロビクス、ボクササイズ、全力でできる。

【できないこと、苦手なこと】
・柔軟性は相変わらず乏しい。
・外で歩く/走る機会が増えた分、体幹トレーニングをサボっていたので、腹筋低下。
・しばらく前屈/前傾の姿勢をとってから、体を起こすと、腰がミシミシ痛い。
・身体をそらすポーズは苦手。怖いこともあり、やらないようにしている。
・椅子に長い時間座った後で、立ち上がると、腰が重い。(でも、すぐに消失する)
・腕立て伏せの姿勢は腰に負担がかかる気がして、やらない。
・「バービー」は絶対やらない。「バービー」とは「床に手を着いてしゃがむ→手を着いたままジャンプして足を後ろに伸ばし腕立て姿勢になる→ジャンプして足を戻す→立つ」という一連の運動。これは、かなりヤバイ感じがする。

【ここ2ヶ月の変化】
・あぐら前屈で、ひじが床に着くようになった。
・ストレッチで腰を伸ばすポーズでは、腰がびーんという感じで苦手だったが、できるようになった。
・ジャンプができるようになった(でも、あまり積極的にやらない)

【今後】
・まずは、今週末の青梅マラソン(30km)を完走したい。ただし、走力的には厳しいという自己認識。
・来週から、少しだけゴルフをやってみる。
・とにかく無理をしない。

最後に、手術創部の写真。
術後3ヶ月と比べて、変化なし。
たぶんこれで、もう変わらないのだろう。




b0039341_17280598.jpg

by vento627 | 2015-02-11 17:44 | 腰椎分離すべり症(脊椎固定術体験記) | Comments(0)

体力と馬力が取り柄の自称筋肉系エンジニア。スキー、ゴルフ、ランニング、フランス語(仏検準1級に挑戦したがただいま休戦)に励む毎日。30年越しの腰椎分離すべり症を2014年に手術で克服し、フルマラソン完走まで回復。


by vento627