ぼちぼちリハビリ日記 その5(手術日当日)

手術(腰椎後方椎体固定術)当日。朝5時過ぎに起床。

Lineで友人から励ましをもらう。有り難い。

6時までにOS-1をほぼ飲みきり、時間きっちりに看護師さんがボトルを回収。今日は、これから絶飲絶食だ。お通じがあったが、「出し切る」ために浣腸。その後で、手術着に着替える。母親もやってきた。

手術室移動までの説明を受けて、8時55分頃ストレッチャー到着。眼鏡を部屋におき、ストレッチャーに乗って、手術室へ移動開始。病院の廊下の天井を眺めつつ「いよいよだ」と思うも、不思議とそんなにドキドキしない。

母親と別れ、手術室へ到着。壁の色(緑)、照明、そして雰囲気が、がらっと変わる。ストレッチャーが止まると、すぐに麻酔医の挨拶があり、シャワーキャップみたいなものを頭に被せられる。左手の手の甲から点滴開始。心電図も装着された。

麻酔医「眠くなる薬をいれます」

まだ全然眠くないなー、と思ったところで、記憶が途切れた。

by vento627 | 2014-07-16 23:08 | 腰椎分離すべり症(脊椎固定術体験記) | Comments(0)

体力と馬力が取り柄の自称筋肉系エンジニア。スキー、ゴルフ、ランニング、フランス語(仏検準1級に挑戦したがただいま休戦)に励む毎日。30年越しの腰椎分離すべり症を2014年に手術で克服し、フルマラソン完走まで回復。


by vento627