ぼちぼちリハビリ日記 その1

高校時代の部活動で腰椎分離症になり、その後、約25年間は無症状で、ゴルフ、登山、スキー、ランニングなど問題無く楽しんできた。

しかしながら、いよいよ加齢(?!)のためか、負荷をかけると徐々に腰痛と下肢痛が出るようになり、2012年末にはほとんどのスポーツが痛くてできない状態に悪化。(2013年のランニングのダメダメな状態は、カテゴリの「レース/大会 」をご参照ください。)

2013年初に整形外科で診察を受け、分離のみならず「すべり症」発覚。それから約1年保存療法(と様々な民間療法)を試みるも一進一退。そして、いよいよ、最終兵器?の脊椎固定術を決心したのが2014年3月。この時点で無痛で歩けるのは約1km。それ以上は、いわゆる間欠性跛行で、数百メートルおきに休みをいれないと、歩けない状態に。

というのが、これまでの経緯で、このブログでは手術の準備から記録していきます。

ちなみに術式は「腰椎後方椎体固定術」です。これ以上、詳しく書くと、病院が特定されてしまうので、ここまで。

Commented by くの一 at 2014-07-23 23:05 x
今年、小布施初参加で会えればいいなと思ってました。大変だったんですね。復活願ってます。
Commented by vento627 at 2014-07-24 09:53
なんと、くの一さん、お久しぶりです! 今年の小布施は、ベッドの中で地団駄を踏んでおりました。小布施、楽しかったですか? 一杯フルーツ食べました? 来年の小布施は、リハビリを頑張って復活のつもりです。しばらく、ボーリングのピンは装着しないので、他のランナーと見分けがつかないと思いますが、またどこかのレースで、ぜひお会いしましょうね〜!
by vento627 | 2014-06-01 09:39 | 腰椎分離すべり症 | Comments(2)

体力と馬力が取り柄の自称筋肉系エンジニア。スキー、ゴルフ、ランニング、フランス語(仏検準1級に挑戦したがただいま休戦)に励む毎日。30年越しの腰椎分離すべり症を2014年に手術で克服し、フルマラソン完走まで回復。


by vento627