第26回守谷ハーフマラソン 〜強風の中、完走

守谷ハーフマラソンに参加。

<前日>
前夜にチェックした天気予報で、「強風」「寒さ」が強調されていた。おまけに、右側の股関節に違和感があり、さらに、走ると右側の腿の前が張った感じがする。寝る前にストレッチするが、あまり変わらず。気乗りがしないまま、準備もそこそこに、就寝。

<当日>
7時起床。8時過ぎのつくばExに乗り守谷へ。ウェアは、(あまり考えず)2週間前の千葉マリンと同じく、上は長袖シャツと半袖の重ね着、下は、CW-Xのロングパンツ。

シューズは、変えた。これまで、15km付近からつま先が痺れる感じがあり、いろいろネットで調べて、靴が大き過ぎるのでは?という結論に。一つ前のシューズが0.5cm小さいので、今日はこちらを選択。

会場に到着し、受付でTシャツやVAAMなど頂く。風が強く、砂埃をあげて風が舞う。ううう、寒い。休憩室になっている市役所へ移動。中では暖房が効いていてほっとする。一人座る分だけ確保し、おにぎりやランチパックを食べて、時間を待つ。寒いので、あまりアップする気にならず。



スタート15分前に、市役所館内から外へでると、「さぶっ!」。ウェア選択を、失敗したかなあ。列に並ぶ手前で、ストレッチをするが、気分は盛り下がりまくり。

10時にスタート。最後尾に近い場所に入り、集団から離れず風避けを画策。序盤のひとつ目の折り返しで、自分のすぐ後方に救護車がいることを確認し、強烈な誘惑を感じる。「寒い、辛い、乗りたい。。。」

ゆっくり、行けるところまで行こう、と思い直して、走り続けることにする。

5kmのポイントを超えて、ちんたら走ったわりには、33分。股関節の違和感も消えたので、少し楽になる。風は相変わらず強く、ときどき、土ぼこりで周りの景色が茶色に染まるほど。うつむきながら、ゆっくり行く。

10kmのポイントの後、折り返しをすると、追い風だった風が、向かい風に。ますます、うつむき加減で、せっせと走る。沿道に応援してくれる人が並んでいて、大きな声で、声をかけてくれる。有り難い。

残り4kmあたりから、沿道の防風林?のおかげか、直接風を受けることが少なくなり、ぐっと楽になる。いつもこのあたりでは、ペースが落ちて「辛いよー」という気持ち一杯で走るが、今日は、6分半/kmを維持できている上に少し余裕を感じる。なんか、いいぞ。沿道の応援も多くなり、嬉しくなる。

市役所に戻って来てゴール!  チップを外そうとしたら、ボランティアの方がやってきて、外してくれるという。その上、「完走おめでとうございます!」と大きな声で言ってくれて、満面の笑顔。おおおー嬉しいよー。

計測ポイント スプリット ラップ
5km 00:33:32 0:33:32
10km 01:05:30 0:31:57
15km 01:38:06 0:32:36
20km 02:10:41 0:32:34
Finish 02:17:15 0:06:33

記録は、辛かった割には、それほど悪くなく。完走できて良かった♪

ゴール後、麦茶を頂き、完走証を発行してもらう。さらに、焼きそばや、熱々のみそ汁を頂き、明治乳業のドリンクなども。芝生で、焼きそばを食べて、充実感を感じる。帰りのバスも、それほど待たずに乗れた。とにかく、よくできた運営で、ボランティアや応援の温かいおもてなしが心に染みた。ありがとうございます! また、来年も参加しよう。
by vento627 | 2010-02-07 23:04 | レース/大会 | Comments(0)

体力と馬力が取り柄の自称筋肉系エンジニア。スキー、ゴルフ、ランニング、フランス語(仏検準1級に挑戦したがただいま休戦)に励む毎日。30年越しの腰椎分離すべり症を2014年に手術で克服し、フルマラソン完走まで回復。


by vento627